八重滝 ツーリング/紅葉2017

f:id:odryu:20171105133912j:plain
紅葉を観に島根県雲南市にある八重滝までツーリングに行った。





f:id:odryu:20171105135820j:plain





f:id:odryu:20171105134015j:plain
八重滝は日本の滝百選にも選出されている。




f:id:odryu:20171105134146j:plain
駐車場前の無料休憩所にて。自由帳。




f:id:odryu:20171105134422j:plain




f:id:odryu:20171105134440j:plain




f:id:odryu:20171105134457j:plain
遊歩道の最奥には8つの滝の中でも最も大きい滝である八汐滝がある。雨が降っていたためか、水量が豊富で見応えがあった。





f:id:odryu:20171105134643j:plain




f:id:odryu:20171105134702j:plain




f:id:odryu:20171105134755j:plain




f:id:odryu:20171105134822j:plain




f:id:odryu:20171105134838j:plain
道の駅頓原にて休息。やまなみ煮豚串らーめん。思わぬ雨に見舞われて、おそらく体力的に今までで最も過酷なツーリングだったけれど良い思い出になった。

筆影山/竜王山展望台 ツーリング

f:id:odryu:20171028092117j:plain
広島県三原市、瀬戸内海国立公園内に位置する、筆影山、竜王山まで走りに行った。





f:id:odryu:20171028092753j:plain
筆影山から望まれる多島海の美しさは瀬戸内随一といわれている。





f:id:odryu:20171028093036j:plain






f:id:odryu:20171028093207j:plain
因島大橋が見える。





f:id:odryu:20171028092815j:plain
ふー、これこれ。





f:id:odryu:20171028092531j:plain
展望台までの山道は道幅が狭く離合困難な箇所が多い。そんな道でもバイクならなんのその。






f:id:odryu:20171028093321j:plain
三原地方初のテレビ受像に成功の地。らしい。






f:id:odryu:20171028093452j:plain
空気が、澄んでいる。

バイク乗り未婚率高い説

高い説というか、妥当だとは思う。自分の周囲を見てもそう感じる。たまたまかもしれないけれど。


まず、バイクに乗ると死ぬ確率が上がる。
統計によると、自動二輪車は自動車に比べ、事故の発生率が約2倍、事故した場合の致死率は5倍以上にもなるらしい。

身体むき出しで走ってる分、自動車に比べるとバイクの方が死にやすいのは想像通りだけど、実は、同じ二輪でも自動二輪車は原付よりも2倍以上死亡率が高い。おそらく原付に比べスピードが出やすいのが影響しているものと思われる。

だから、元々バイクに乗っていても、結婚を機に降りる人が圧倒的に多い。結婚にはある種の責任が伴い、自分の人生は自分だけのものではなくなる。伴侶や子供を残したまま死ぬというのは、残された人たちを不幸にするということでもある。また、死に至らずとも、重度な怪我を負ってしまえば、労働もままならなくなり、収入が途絶えてしまうので、やはり家族を不幸にしてしまうだろう。
ちなみにバイクでの死亡要因は、1位が頭部で42.8%、2位が胸部で27.8%となりこのふたつの要因で7割が占められている。すなわち、胸にプロテクターをつけること、ヘルメットは厳しい安全規格をクリアしたものを選択することで、死亡率そのものはかなり低減させることができると思われる。
国内ヘルメットメーカーであるARAIのヘルメットは安全性を測る基準としては、世界一厳しいことで有名なSNELL規格を潜り抜けているので、非常に安全性が高いといわれている。


パートナーがいるいないに関わらず、バイクを乗るにあたっての装備には気をつけたほうがいいと思う。半袖で手袋なしで乗っている人とかよく見かけるけど、本当に危ないし、万が一転倒したら悲惨なことになるのは避けられない。いくら自分が気をつけていても、運が悪いとしか言いようがないどうしようもない事故もあるから備えておくに越したことはない。

なにより、これだけリスクがあるのに、その目的が娯楽っていうのが、常軌を逸している。やはりというべきか、バイクはバカにしか乗れないのだ。


他には、バイクが比較的金のかかる趣味、ということも未婚率が高い理由として挙げられるだろう。車体や先ほど挙げた装備品をそろえるのはもちろんのこと、ガソリン代や車検や保険料、定期的なメンテナンス料といったランニングコストも家計を圧迫する。

また、これだけランニングコストがかかるのにほとんど利便性が期待できないというのも、バイク乗りが弱い立場に追いやられてしまう理由になるだろう。
自動車に比べて積載量は少ないし、冬は寒く、夏は暑く、雨風も凌げないので快適性もない。レジャーに行くにも最大2人しか乗れないので、家族で一緒に外出するのも難しい。

だからバイクは1人で楽しむ、あるいは1人が複数人集まって走ることを楽しむのに適した乗り物なのである。そして、そんなことばかりやっていると、家庭を顧みない空気の読めない奴という烙印を押されてしまう。

このようにしてバイクはパートナーにとって、デメリットが目立ち、メリットが少ない乗り物といえる。これらの諸々の条件をクリアできる人というのは、やはり未婚者ということになるのだろうか。もちろん、バイク乗りの既婚者もいるけれど、非常に理解のあるパートナーだと思う。あるいは、同じバ・・いや、やめておこう。

それでも、乗りたくなるってことはやっぱバイクサイコーってこと。

ばくおん!! 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

ばくおん!! 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

最近個人的によく観るモトブログ

インターネットのインフラが整い、ネットで動画を見ることが当たり前になって、ネットの動画のみで生計を立てるyoutuberなるものが人気を博している昨今。
その中にあって、モトブログと呼ばれる動画投稿を行っているグループを見かけるようになった。

モトブログ。モトサイクルビデオログの略でヘルメットなどににカメラをつけて、バイクに乗りながら、ライダーが実況中継しながら撮った動画のこと。簡単に説明するとそんな感じ。モトブログをやっている人はモトブロガーと呼ばれている。


鹿さんに会いに行く。阪奈道路編
こちらはRAMPAGE MONKEYさんというチームのモトブログ。テンション高くて面白い。最近、公式Tシャツの販売が開始されたりなどアグレッシブに活動されている。乗られているオートバイは250ccクラスが中心。





【TS Motovlog#21】週末ランチ&道の駅スタンプツーリングVol.3~川崎・遠刈田・七ヶ宿~【モトブログ】
他にはTrafficSignalさんもよく観ている。通称トラシグ。宮城県在住のモトブロガーユニット。大型バイクが中心。






クリスマス・ライディング / Honda Hornet 250
そして、モトブログといえばNonAlcoholRiderさん。日本におけるモトブログのパイオニア的存在。圧倒的トーク力。最近ではインド・ヒマラヤでツーリングを敢行したりしている。すごい。



おそらく一般的によく見かけるyoutuberと違って、モトブログのみで生計を立てるのはさらに難易度が高いのでは、と推測する。視聴者がオートバイに興味がある人に限られるので、市場自体がとても小さいのではなかろうか。だから金銭目的というよりは趣味でやっている人がほとんどだと思う。ただ趣味が共通する分、コアなファンも多いのかもしれない。

それでもインターネットでオートバイに関連するコンテンツを作るなら、やはり動画が一番強いのかな、と思う。このブログでは写真のコンテンツがほとんどだけれど、写真では、オートバイの音や動きまでは表現できない。動画で伝わる臨場感とはまるで違う。
ただ、僕自身モトブログをやるかと問われれば、モトブログはやらないと思う。というより、できない。まず話すのが得意じゃない。モトブログで肝になってくるのは、なんといってもトーク力である。それが僕には欠けている。ただ走っているだけの人気モトブロガーっていうのはまだお目にかかったことがない。おそらく話ながら運転するのってかなり難しいはずである。集中力が散漫になって事故りそう。それに、動画編集とかもあまり好きじゃない。だからモトブログは向いてないと自分で思う。再生数が増えなくて、モチベーションが維持できなくて、辞めてしまうっていう未来が目に浮かぶ。だからモトブログはあくまで観る専。

あと、女性が出ているモトブログの再生数はやはり多い傾向にある。なんだかんだで。オートバイに乗る女性は男性に比べると少ないので、女性が本格的にモトブログをやれば人気者になれると思う。たぶん。

弥栄ダム/長門峡 ツーリング

f:id:odryu:20171001095746j:plain
広島と山口の県境に弥栄ダムはある。




f:id:odryu:20171001095941j:plain
弥栄湖はダム湖百選にも選ばれている。




f:id:odryu:20171001100223j:plain




f:id:odryu:20171001100252j:plain
見晴らし台からの景観。




f:id:odryu:20171001100418j:plain




f:id:odryu:20171001100441j:plain




f:id:odryu:20171001100515j:plain




f:id:odryu:20171001100608j:plain
山口市阿東の名勝、長門峡へ。




f:id:odryu:20171001100653j:plain




f:id:odryu:20171001100710j:plain




f:id:odryu:20171001100732j:plain




f:id:odryu:20171001100750j:plain




f:id:odryu:20171001100811j:plain
3キロくらい歩いたところに鮎料理屋さんがあった。




f:id:odryu:20171001100910j:plain
道の駅、長門峡で食事をとる。阿東の和牛を使った牛丼が食べたかったけれど、売り切れだったので天とじ丼を注文。




f:id:odryu:20171001101118j:plain
もう少し厚着していけばよかった。もう寒い。

角島へツーリングに行ってきた

f:id:odryu:20170815134226j:plain
一泊二日で山口県の北西端に位置する角島までツーリングに行ってみた。




f:id:odryu:20170815134950j:plain
角島大橋。やや雲が多い天候で少し残念だったけれど、それでも美しい海であることに変わりはない。




f:id:odryu:20170815135440j:plain
聳え立つ角島灯台。





f:id:odryu:20170815135458j:plain
灯台内を登っていく。細くて長い螺旋状の階段が続く。





f:id:odryu:20170815135623j:plain
灯台頂上からの見晴らし。





f:id:odryu:20170815135832j:plain
なかなか風が強い。高所恐怖症には辛いかも。





f:id:odryu:20170815140007j:plain
なにやら扉が。自由への扉だろうか。ファミリーに記念撮影を頼まれる。





f:id:odryu:20170815140130j:plain
なにやら鳥居。





f:id:odryu:20170815140227j:plain
なにやら一隻の小舟。





f:id:odryu:20170815140437j:plain
なにやら高速で回転するイカの干物。





f:id:odryu:20170815140536j:plain
天気良くなってきた。





f:id:odryu:20170815140628j:plain
島へ入る道は空いていたけれど、島から出る時に橋の入口まで凄まじく渋滞していた。





f:id:odryu:20170815140754j:plain
宿泊させていただいた「ライダーハウス レッドSUN」さん。なんとか予約時間ギリギリに到着。その名の通り、「家」という感じ。襖一つ隔てた先には他のお客さんが泊まっている。別の宿泊客のドタキャンがあったらしく、管理人さんの計らいで、部屋を広く使わさせていただいた。1人だけど。





f:id:odryu:20170815141313j:plain
ライダーハウスだけれど、4輪車のお客さんもよく訪れるらしい。格安で一人旅の素泊まりには十分だった。近くにコンビニや温泉もある。





f:id:odryu:20170815141836j:plain
道の駅、「北浦街道 豊北」。なにやら「道の駅ランキング2016」1位らしい。別の道の駅で休憩しているときに、見知らぬライダーの方がおすすめしてくれた。





f:id:odryu:20170815142139j:plain
北浦街道 豊北からうっすらと角島大橋が見える。





f:id:odryu:20170815142256j:plain
帰りに松陰神社に寄った。





f:id:odryu:20170815142411j:plain
松下村塾。身分にとらわれず集まった若者たちを、強い志と誇りを持って行動する日本人に育てたという。





f:id:odryu:20170815142618j:plain
道の駅、「萩しーまーと」で海鮮丼を食す。





f:id:odryu:20170815142726j:plain
田万川温泉に寄り、旅の疲れを癒す。





f:id:odryu:20170815142819j:plain
帰りは雨に見舞われた。

夏も闌である。

終わり。

君田のひまわり畑を観に行った

f:id:odryu:20170729202033j:plain
先々週、広島県三次市君田町でひまわりまつりが開催されていたので、オートバイで走りに行った。向日葵畑を求めて多くの観光客が訪れていた。




f:id:odryu:20170729202214j:plain
誰のために咲いたの。




f:id:odryu:20170729202252j:plain
それはあなたのためよ。




f:id:odryu:20170729202323j:plain
壮観である。ハサミの貸し出しが行われており無料で摘み取ることができる。切花して持ち帰る観光客も多数みられた。




f:id:odryu:20170729202638j:plain
向日葵に満足したので、三次市作木町にある常清滝に向かうとする。




f:id:odryu:20170729202808j:plain
126メートルに及ぶ滝は迫力満点。広島県一の高さを誇る滝であり、日本の滝100選にも選出されているのだという。




f:id:odryu:20170729203121j:plain
夏の苛烈な日光。




f:id:odryu:20170729203158j:plain
滝までは、500メートルほど歩かねばならない。暑すぎるぜ。




f:id:odryu:20170729203430j:plain
道の駅、ゆめランド布野で休息をとる。




f:id:odryu:20170729203517j:plain
ゆめランド布野では大人一人1010円でバイキングをやっている。田舎惣菜料理が中心。天丼も作ることができる。