読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オートバイと健康

スポンサーリンク

「健康」というとオートバイよりはむしろ自転車の方に分があるというか、語りやすいのかもしれない。でも、僕の周りではオートバイに乗っている人ってどこか若々しい人が多い気がする。オートバイに乗ってるから若々しいのではなく、元々若々しい人がオートバイに乗ってるだけなのではないか。いや、そうではなく、もしかしたらオートバイに乗ることが認知機能に影響を与えているのではないか。そんなことを大真面目に検証したのが、ヤマハ発動機販売と東北大学川島隆太教授の共同実験である。

http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/blog/2011/10/20111024-001.html


実験内容としては、オートバイに乗り続けることで脳の働きと心の健康にどのような影響を与えるか、2つの集団を調査。
一つは被験者をオートバイ通勤するグループとそうでないグループとにくじ引きで分け、2ヵ月間生活し、スタート時と2ヵ月後それぞれに符号課題や計算課題などの認知機能検査とメンタルヘルスに関するアンケートを行い比較検討するというもの。もう一方の調査は、購入時、1ヵ月後、6ヵ月後に認知機能検査とメンタルヘルスアンケート調査を行いその変化を計測するというもの。

すると、いずれの調査でもオートバイを生活の中で使うことで、様々な認知速度や機能、特に脳の司令塔とも言われる前頭前野機能と空間認知機能が向上したことが明らかになり、メンタルヘルスに関するアンケートにおいても、オートバイを使っているグループでは、仕事の悩みなど、様々なストレスが軽減し、良い方向に変化したという。
また、同じオートバイでもスクーターなどのAT車とギア付のMT車と比較してAT車ではあまり効果が見られなかったのだそうな。

「オートバイに乗ると認知機能が高まる」なんて言うと「俺は昔からオートバイ乗ってるけどそんなに頭も良くないし、実感ないけどな」っていう意見が出てきそうだけど、川島教授によると、もしオートバイに乗っていなかったら、その現在の状態よりももっと低い能力になっているということらしい。

オートバイではなくMTの車と比較したら結果はどうなんだろうとか、オフロードやクルーザーなど車種によって違いがあるのかといった疑問はあるものの、おおよそのバイク乗りにとっては嬉しい実験結果なのではないかと思う。

確かにオートバイに乗っていると車よりも五感を刺激されているような気がするし、ストレスも和らいでいる感じはある。近年、マインドフルネス瞑想の効果が科学的に証明され、グーグルやインテルといった企業が取り入れたりしてブームになったりしているけど、オートバイに乗っている時も、集中はしているけど、何か考えに捉われているわけでもなく雑念があまりないといった感じで、禅にも通ずるような感覚を覚える時がある。集中しているためかオートバイに乗っていると1時間や2時間はあっという間だ。

そんなわけで、オートバイにも健康効果があるみたいだぜってことで、今オートバイに興味を持っている人や乗ろうと考えている人の背中を押してくれるような実験だったのではないかと思う。

禅とオートバイ修理技術〈上〉 (ハヤカワ文庫NF)

禅とオートバイ修理技術〈上〉 (ハヤカワ文庫NF)