青海島へツーリングに行ってみた 1日目

スポンサーリンク

f:id:odryu:20170506104635j:plain
山口県長門市の北、日本海に浮かぶ島である青海島まで走りに行った。
バイクシーズン真っ只中。いつもよりたくさんのライダーとすれ違った。オートバイに乗りはじめて気づいたことの一つとして、知らない人でもライダーの間には妙な親近感があるということ。すれ違い様に手を挙げたり、会釈をしたりして挨拶を交わしてくれる。同じ趣味を共有している仲間だという連帯感がそこにはある。これは車では見られないコミュニケーションであり、ただの移動手段の為ではなく、趣味として楽しんでいるからこそ生まれる連帯感なのではないかと思う。




f:id:odryu:20170506104710j:plain
191号線沿いを走っている時に臨まれる海。透明度が高かったので停車して写真を撮る。





f:id:odryu:20170506105320j:plain
青海島観光汽船乗り場に到着。一周コース、大人1人2200円。乗り込む。





f:id:odryu:20170507145309j:plain
船内にて。




f:id:odryu:20170506110132j:plain
海上アルプスとも呼ばれる青海島。まさに自然が創りあげた芸術。





f:id:odryu:20170506110349j:plain
1時間ほど乗っていただろうか。





f:id:odryu:20170506110902j:plain
さらに西に向かって走り、絶景スポット元乃隅稲成神社を訪れた。
離合困難な狭い道、観光バスが集中していて凄まじいばかりの渋滞を引き起こしていたが、なんとか到着。






f:id:odryu:20170506111755j:plain
123基の鳥居が並んでいるのだという。不思議な景色だ。





f:id:odryu:20170506112446j:plain
高さ5メートル程に位置する日本一入れにくい賽銭箱。チルドレンが一生懸命賽銭を投げている姿が微笑ましかった。





f:id:odryu:20170506113011j:plain
景色は最高だけど、風が強くてタマヒュン。




f:id:odryu:20170506114841j:plain
千畳敷へ向かう。





f:id:odryu:20170506115055j:plain
果てしなく広がる海と空。





f:id:odryu:20170506115137j:plain
良い天気じゃのう。





f:id:odryu:20170506114126j:plain
再び青海島近辺に戻り、浜屋さんで食事を摂ることにした。





f:id:odryu:20170506114317j:plain
瓦蕎麦を食べてみたかったのだけれど売り切れだということで、おすすめの磯定食を頂いた。その名の通り磯の香りがして美味しかった。





f:id:odryu:20170506115539j:plain
青海大橋を渡り島内へ。くじら資料館を訪れた。山口県北浦沿岸では古くから捕鯨が行われていたことでが知られている。捕鯨を日々の糧として生きるために生きてきた漁民たちの歴史を見た。





f:id:odryu:20170506115835j:plain
次いで、くじらのお墓を参拝した。





f:id:odryu:20170506120439j:plain
宿泊する青海島シーサイドホテルにて。そういえば、バイクのビキニカウルを外してみた。走ってみるといつもと違う感が凄いというか、視界が広がって新鮮だった。風はもろに受けるけど当分これでいこう。





f:id:odryu:20170506120709j:plain
ツーリングで遠くまで訪れ、佇んでいると、「なぜ自分はこんなところにいるのだろう」、と自分が今この場所にいることを不思議に感じることがある。
1人でツーリングに行くといったことを知り合いに言うと「よく一人で行けるね」なんて言われることもあるけど、僕の場合、むしろ1人じゃなきゃ駄目なだけなんだ。常に誰かと一緒にいると疲弊してしまう。誰からも干渉されない1人になる時間が必要で、それがこういった時間なのかもしれない。





f:id:odryu:20170506121031j:plain
チェックイン時間まで少し早かったので、夕日を見ながらボーっとして時の経過を待っていると、ホテルのオーナーの方が声をかけてくれた。





f:id:odryu:20170506211725j:plain
小ざっぱりとした和室の部屋の窓からは青海湖が見えた。風呂から出ると急に疲れが出て、すぐに眠ってしまった。


2日目に続く...。



今週のお題「ゴールデンウィーク2017」