最近個人的によく観るモトブログ

スポンサーリンク

インターネットのインフラが整い、ネットで動画を見ることが当たり前になって、ネットの動画のみで生計を立てるyoutuberなるものが人気を博している昨今。
その中にあって、モトブログと呼ばれる動画投稿を行っているグループを見かけるようになった。

モトブログ。モトサイクルビデオログの略でヘルメットなどににカメラをつけて、バイクに乗りながら、ライダーが実況中継しながら撮った動画のこと。簡単に説明するとそんな感じ。モトブログをやっている人はモトブロガーと呼ばれている。


鹿さんに会いに行く。阪奈道路編
こちらはRAMPAGE MONKEYさんというチームのモトブログ。テンション高くて面白い。最近、公式Tシャツの販売が開始されたりなどアグレッシブに活動されている。乗られているオートバイは250ccクラスが中心。





【TS Motovlog#21】週末ランチ&道の駅スタンプツーリングVol.3~川崎・遠刈田・七ヶ宿~【モトブログ】
他にはTrafficSignalさんもよく観ている。通称トラシグ。宮城県在住のモトブロガーユニット。大型バイクが中心。






クリスマス・ライディング / Honda Hornet 250
そして、モトブログといえばNonAlcoholRiderさん。日本におけるモトブログのパイオニア的存在。圧倒的トーク力。最近ではインド・ヒマラヤでツーリングを敢行したりしている。すごい。



おそらく一般的によく見かけるyoutuberと違って、モトブログのみで生計を立てるのはさらに難易度が高いのでは、と推測する。視聴者がオートバイに興味がある人に限られるので、市場自体がとても小さいのではなかろうか。だから金銭目的というよりは趣味でやっている人がほとんどだと思う。ただ趣味が共通する分、コアなファンも多いのかもしれない。

それでもインターネットでオートバイに関連するコンテンツを作るなら、やはり動画が一番強いのかな、と思う。このブログでは写真のコンテンツがほとんどだけれど、写真では、オートバイの音や動きまでは表現できない。動画で伝わる臨場感とはまるで違う。
ただ、僕自身モトブログをやるかと問われれば、モトブログはやらないと思う。というより、できない。まず話すのが得意じゃない。モトブログで肝になってくるのは、なんといってもトーク力である。それが僕には欠けている。ただ走っているだけの人気モトブロガーっていうのはまだお目にかかったことがない。おそらく話ながら運転するのってかなり難しいはずである。集中力が散漫になって事故りそう。それに、動画編集とかもあまり好きじゃない。だからモトブログは向いてないと自分で思う。再生数が増えなくて、モチベーションが維持できなくて、辞めてしまうっていう未来が目に浮かぶ。だからモトブログはあくまで観る専。

あと、女性が出ているモトブログの再生数はやはり多い傾向にある。なんだかんだで。オートバイに乗る女性は男性に比べると少ないので、女性が本格的にモトブログをやれば人気者になれると思う。たぶん。