くら寿司で食らう筋肉飯

スポンサーリンク

最近、自宅の近くにくら寿司がオープンしたので、週1くらいで通っているのだけれど、どうやら筋トレやダイエットに良さそうな高たんぱくなメニューが多いことに気づいたので、いくつか紹介したい。


まずはこちら。
f:id:odryu:20180708202245j:plain
ブロッコリーサラダ。100kcal。
ブロッコリーに含まれる「インドール- 3-カルビノール(I3C)」と、「インドリルメタン」という成分には、エストロゲン(女性ホルモン)の作用を抑えて筋トレの効果を高めるはたらきがあるらしい。エストロゲンには筋肉の増加を抑えて脂肪を蓄積させるはたらきがあり、ブロッコリーには、これらを抑制してくれる成分が含まれている。




f:id:odryu:20180708194136j:plain
シャリ野菜ビントロ。35kcal。
まぐろに含まれるDHA、EPAにはインスリン分泌を促す効果があることが分かっており、インスリンは血中の栄養分を筋肉内に取り込み、筋肉の回復を促す。DHA、EPAには筋肉の合成を促進させ、分解を抑制するという働きがあるのだという。




f:id:odryu:20180708195136j:plain
ダイエッターおなじみのサラダチキン。49kcal。
低糖脂質、高たんぱく。




f:id:odryu:20180708195414j:plain
海鮮ユッケ。温玉のコレステロールは筋肉作りを促進するテストステロン(男性ホルモン)の原料となる。



f:id:odryu:20180708200149j:plain
その海鮮ユッケを米の代わりに大根の酢漬けを使った糖質オフ牛丼( 243kcal)に投入すると・・・。



f:id:odryu:20180708200817j:plain
完璧な筋肉飯が完成。
海鮮と牛肉って意外と合う。美味い。



f:id:odryu:20180708201204j:plain
コーヒーで締め。コーヒーに含まれるカフェインには脂肪燃焼効果がある。




他にも、シャリ小さめの寿司や糖質オフ麺を使ったラーメンなど、くら寿司にはダイエッターを意識したメニューがたくさんある。寿司屋に訪れて、あえて寿司を食べない、そんな選択もありかもしれない。


お題「ちょっとした贅沢」