S660納車しました

スポンサーリンク

f:id:odryu:20180819101035j:plain
なーにー。やっちまったなあ。




f:id:odryu:20180819102143j:plain
リアビュー。独特なフォルム。




f:id:odryu:20180819102037j:plain
中央のリアウィンドウは運転席から開閉できる。後方視界は良くないので要バックモニター。



f:id:odryu:20180819103150j:plain
エンジンフードのスリットからのぞくHONDAの文字がかっこいい。




f:id:odryu:20180819103315j:plain
エンジンが座席後部に搭載されているミッドシップレイアウトとなっております。




f:id:odryu:20180819103924j:plain
ボンネットの下にユーティリティボックスがある。熱がこもるし、大きさもあまりないので、入れることができるものは限られる。



f:id:odryu:20180819104007j:plain
幌を収納する場所なので、幌を入れてしまうと何も載らないと言っても過言ではない。
おそらくこの車について言及すると必ずと言ってよいほど出てくるのが積載性。他の車に比べると確かに全然無いけれど、今までバイクでの移動が主だったから、個人的にはほとんど気にならない。荷物は助手席に乗せればいいくらいの感覚。家族がいる人にとってはメインとして使うのは難しいと思うのでセカンドカーという位置づけではなかろうか。



f:id:odryu:20180819140413j:plain
正直、乗り降りはしにくい。オープンにしてないとなおのこと乗降がしにくい。




f:id:odryu:20180819104638j:plain
乗ってしまえば、意外と快適。かなり低いドライビングポジション。足を前に伸ばす着座スタイル。
絶対MTの方が人気だと思うけれど、通勤で結構渋滞や勾配のきつい道が多いのでCVTを選択。2016年式で前のオーナーさんは2800キロくらいしか走っていなかった。エアコンをつけて平均燃費は16km/Lほど。ガソリンタンクが25Lと、もう少し容量が欲しいところだけれど、概ね問題なし。
CVTにはパドルシフトがついているのだけれど、下り坂でエンジンブレーキを掛けるためにシフトダウンをしたいときなどに多用していて結構便利。





f:id:odryu:20180819105418j:plain
CVTにはスポーツモードがある。スポーツモードにするとメーター周りが赤くなる。通常だとパドルシフトでギアを変えても、速度に応じて自然とオートに戻るのだけれど、スポーツモードだと、マニュアルが継続するので、エンジンを回したり、パドルシフトを楽しみたい人にはおすすめのモード。スポーツモードにするとアイドリングストップ機能を切れるので主に切りたいときにスポーツモードを使っている。




f:id:odryu:20180819102856j:plain
センターディスプレイ。ナビはついてないのでUSB電源から携帯電話で代用。





f:id:odryu:20180819140929j:plain
オープンにもしてみた。幌の脱着は手動で、幌の重量感もあるので慣れないと時間かかる。特に取り付け。オープン時に急に雨とか降ってきたら本気で困ると思う。1日に何度も脱着しようという気にはなれないけど、オープンで走るとやはり気持ちいい。(ちなみにサイドミラーも手動である)。
後ろから聞こえるエンジンとアクセルオフ時のブロ―オフバルブの「パシュ!」という音が心地よいというか、癖になる。




f:id:odryu:20180819141630j:plain
サイドビュー。





S660のコンセプトは「痛快ハンドリングマシン」。実際に乗ってみたS660は痛快ハンドリングマシンでした。狙ったラインをスムーズに走ることができる。
前方車両との衝突を軽減・回避する「シティブレーキアクティブシステム」も搭載されていて、走りだけでなく、安全性能も高いのも好印象。
実用性があまりない乗り物という意味ではバイクに近いのかもしれない。
維持費も普通車に比べると安いので末永く乗っていきたい車である。