独身日記

海を生きるように君は孤独に生きてきた。その孤独の海が君を育んだ。嗚呼、それでも君はいま岸へ向かうというのか。 バツイチ独身男の日記